人生で最も重要な結婚式場をしっかりと選びましょう

新郎新婦に喜んでもらおう

電報

マナーを確認

結婚式の電報は、式に出席できなかった人が送るお祝いのメッセージです。結婚式というおめでたい席に送る電報なので、粗相のないように事前にマナーを確認しなければいけません。最も気をつけなければいけないことは、言葉のマナーです。いわゆる「忌み言葉」と呼ばれているものは、使わないようにしましょう。自信のない場合は、用意されている例文を参考にすれば、マナー違反はしないはずです。また電報は、結婚式の日程に合わせて早めの手配が必要です。当日でも受け付けてくれるところはありますが、余裕を持って事前に日時を指定しておくことで、確実に届けることができます。どんなに遅くても、披露宴が始まる1時間前には届くようにしなければいけません。

ひと味違った祝電

電報の内容は、定型文をそのまま引用したり、例文を組み合わせている場合がほとんどです。しかしこれでは、せっかくの電報も電子メールと何も変わりません。結婚式を挙げた二人に伝えるメッセージなので、自分で考えた内容にすれば他の人と差をつけることができるし、新郎新婦の印象にも残ります。良い文章だと、披露宴で読み上げてもらえるかもしれません。また最近の電報はペーパーだけでなく、花やぬいぐるみなどを一緒に送ることができるので、より一層気持ちを込めることができます。結婚式の演出に使えそうなムービー電報、バルーン電報などもあるので、出席できなくても盛り上げることはできます。ひと味違った電報で新郎新婦を喜ばせましょう。